toggle
2017-07-20

【燻製レシピ】釣ったタコで燻製タコ焼き【けむらん亭】

福井でキス釣りをしてたらタコが釣れちゃいました。

なかなかの大きさで美味しそう♪今回はこれを燻製にして、さらにタコ焼きにしてみました。

まずはしっかり下処理

  1. 頭の袋部分をひっくり返して内臓を取る
  2. 包丁で目を取り除く
  3. 口も包丁で取り除く
  4. 塩で揉みながらしっかりとぬめりを取る
  5. 水でしっかりと洗い流す
  6. たっぷりの水を入れた鍋で7、8分ゆがく
  7. 氷水で冷やす

こんな白っぽくてにょろにょろとしたタコが、

湯がくとぷっくり。お店で見るタコになりました。

ソミュール液に漬けて下味を

そのまま燻製にしても良いのですが、ソミュール液に漬けこんだ方がしっかりとした味になるので今回は一晩漬けこみました。

ソミュール液は

  • 水・・・200cc
  • 塩・・・20g
  • みりん・・・30cc
  • 酒・・・50cc
  • 醤油・・・大匙1
  • 白だし・・・大匙1

を煮立たせて、冷めてからタコと一緒にジップロックにいれました。

塩抜き

流水につけて30分程塩抜きします。

洗い流したらキッチンペーパーでしっかり水分をふき取ります。

因みに、このままの形で燻製にしてみたかったのですが、けむらん亭に入りきらなかったのでここで適度な大きさに切りました。

けむらん亭で燻製にしていきます

いよいよけむらん亭にセットし、燻製にしていきます。

今回はヒッコリーを使用。20分燻製(熱燻)していきます。

20分後。

タコの燻製ができました~~~~~~。

半分はこのまま頂き、もう半分はタコ焼きにしてみました。

最高に美味しすぎる燻製タコ焼き

ジャーーーーーーーーーーン!!!!!!!

美味しいいいいいいいいいいいいいいいい!!!

生地は普通の生地なのに、燻製タコのおかげでお店に出せるぐらい贅沢で美味しすぎるタコ焼きになりました!

自分で釣って、自分で燻製したタコ焼きは格別の味でした。

 

いぶり暮らしの2巻にも燻製タコ焼きが出てきます。

 

 

 

Pocket

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください